≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ



ペットのメモリアルジュエリー



スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)

≫ EDIT

頚椎ヘルニアの診断(診断から1日目)

朝、かかりつけの病院へ。
すぐ診察してもらえた。
これまでの経過を伝えながら、れおを歩かせてみる。


先生:
ナックリング(足のふらつきや丸くなってしまうこと)でてるね。
薬飲んでも効果ないし、腰を触っても痛みはないみたいだし、脳や脊髄かもしれないから詳しく検査した方がいい。
うちでは、検査できないから今から都内行ける?


この診断結果に頭真っ白。
都内なんて、車で行ったことないよ~。

とっさに・・・

私:
その病院、日曜日もやってますか?
私、車で都内行ったことないので、日曜日なら主人と行けるんですけど。


先生:
このまま、悪くなる可能性があるから、早い方がいいよ。
紹介診療(紹介状を持っていってから診察)じゃないから、診療時間内に行かないといけないけど・・・


そして、先生は行き先の地図をくれました。

そうだよね、辛いのはれおだもんね。
家に一旦帰宅し、旦那に連絡。
れおのペット保険の保険証を持って家を出ようとすると、じーちゃんからTEL。


じーちゃん(義父):
今、動物病院から電話あって、れおのこと聞いたよ。
1人で都内まで行けないでしょ?
今日、仕事休みだから連れてってあげるから待ってて。


じーちゃんは、プロドライバー(元ハイヤーの運転手)

都内の道には、とっても詳しい。
とっても心強い!


迎えに来てもらって、すぐ都内へ。
なんとか午前の診療受付時間内に到着。

有名な脳神経外科では有名なA病院。
受付の人がニコリともしない冷たい雰囲気&態度で、不安が強まりました。

診察室に呼ばれ、これまでの経過を話すと、ナックリングはあるが、やはり痛みがないので、ヘルニアではないだろうとのこと。

首を曲げたり、ひねったり。
目の瞳孔や見えているか、光を当て眩しいかの反射をみたり。
鼻をくすぐってくしゃみするか試したり。
耳の中もみてもらいました。

脳の中か脊髄に病巣があるかもとのことで、MRIの検査を受けるために事前検査。
MRIは全身麻酔なので麻酔に耐えられるかの検査。

検査には異常はなかったのですぐに動物検診センターへ。

検査の説明と麻酔を使うので承諾書を書いて待つことに。


早めに着いたのと、前の人の検査がまだだったので、れおを預け、昼食を食べにファミレスへ。
まぁ・・時間のたつのが遅く感じて仕方なかったです。
なんともありませんように・・・って、何度お願いしたか・・・。


それを見かねたじーちゃん(義父)が、外に出て気分転換しようと言ってくれました。

動物検診センターの近辺は、じーちゃんが戦後間もない頃に住んでたところ。
卒業した小学校や家のあった場所へ連れてってくれました。
じーちゃんも懐かしいと言ってました。
私も少し気分が晴れました。

検査が終わる頃にセンターに戻ると、まだ麻酔から醒めていないとのことで2階の夜間動物病院の待合室で待つことに。

ここでも、時間が経つのが遅い!!
またまた、時計ばっかり見てました。


ようやく、診察室に呼ばれて検査結果を聞くと、
「頚椎ヘルニア」と言われました。

6番目と7番目にヘルニアがあると。
MRIで見るとはっきり見えました。
病院で言われた脳の中ではなくって少しは安心。

でも、これは最終診断じゃないので、病院に戻ります。

MRIを診た先生はやはり同じ「頚椎ヘルニア」と言われました。

緊急を要するものではないけど、早めの手術を勧められました。
でも、12歳という高齢だし(麻酔が怖い)、術後のリハビリに耐えられる体力が残ってるかなど、その場では決められませんでした。

脳髄液の検査代を払って帰路へ・・・。
道路混んでたぁ。

家に帰ってきたのは、21時。
れお、よく検査頑張ったね。

そして、義父にも感謝の気持ちで一杯です。


これから、れおにとって一番いい方法を考えなきゃね。
スポンサーサイト




よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ



ペットのメモリアルジュエリー



頚椎ヘルニア 闘病日記 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
こんにちわ
れお君ヘルニアなんですね・・・
ももも昨年の秋くらいにやりました・・・
痛みでトイレにまで独りじゃ行けなくなってとても大変でかわいそうでしたが、やっと良くなってきたところに通院の帰りに抱き直して、きゃんって泣いたあと、さらに悪化させてしまった事がありました、
悪化させた時はやっぱりナックリングの症状が出てしまい、
足が交差するようになってしまぃました;;
ももの場合悪化の原因が私の抱き直しだったので、病院に通院する事すら怖くてできなくなり、
掛かりつけの先生に、家に来てもらうことにしたんです
とにかく動かさないようにして2ヶ月くらいで治りました。
れお君もきっと良くなります!
看病してる時何度も声を上げてないてしまいました・・・
れお君ママさん負けないで( * ̄)mカミサマオネガィ・・・・
2007-09-17 月  18:54:59 |  URL | momohanam #SFo5/nok [編集]
コメントありがとうございます。
れおは今のところ、完全麻痺ではないので、歩いたり、たまには走ったりします。
出来るだけ安静にさせていますが、家の中でウ○チしないのでお散歩に行っています。
このまま、症状が進まないことを毎日祈るばかりです。
2007-09-19 水  21:00:50 |  URL | れおママ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © LEO'S HOUSE All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。